新着ニュース

各報道について株式会社アクトの見解と注意喚起  2020/06/06
経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE)からの発表、各報道について 株式会社 アクトの見解

平素は弊社製品をご利用いいただきまして誠にありがとうございます。

次亜塩素酸水に関して、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表および報道がありました。
つきましては、株式会社アクト(製造元)の見解をご報告させていただきます。

株式会社アクトの『電解無塩型次亜塩素酸水』(クリーン・リフレ)の定義は水を電気分解(三室型電解装置)して出来るpH2.2~7.5の電解水を言います。原料は水道水・食塩(99.95%)であり噴霧による安全性(※1)を保っております。
従って次亜塩素酸ナトリウム/パウダー等の混合で作られた次亜塩素酸水ではなく、人体(※1)にも影響が少ない次亜塩素酸水でございます。
株式会社アクトは正しい知識のもと、しっかりしたバックデータ(※2~4)のもとに皆様に安全なクリーン・リフレを提供しています。

さて、一部報道では次亜塩素酸水、噴霧での利用は控えて
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a0d75651bd1c359fc3c2e4308ad40bd1e137eb
次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの?効果は確認されていません

https://news.yahoo.co.jp/articles/d02a5d491415d359378107bb7264859ae8e6bb49
「次亜塩素酸水、噴霧での利用は控えて」と報道されております。

記事では噴霧が否定されるような印象を受けますが、
あらゆる研究機関・世界/日本国内の 大学などの研究においては、効果や安全性が認められております。

参考までに資料へのリンクを提示いたします

・(※1)有人空間への噴霧による電解無塩型次亜塩素酸水の洗浄・除菌力と人体や家畜に
対する安全性の判定と証明について
水道法の水質基準に適合
≫ クリーン・リフレ水質検査.pdf (PDF:353KB)
※環境未来株式会社総合検査センター調べ

ラットにおける噴霧弱酸性次亜塩素酸水吸入による生化学値に及ぼす影響
≫ エイチ・エス・ピー.pdf (PDF:249KB)
※エイチ・エス・ピー/岡山大学医動物実験施設著(実験動物と環境JST資料参考)

・(※2)有人空間での「次亜塩素酸」等の噴霧による空間/付着ウイルス対策が認められていると証明について
人が立ち入る室内空間に次亜塩素酸水を噴霧して空間/衣類のウイルス除去の成果
≫ 成果報告書2最終.pdf (PDF:1131KB)
※帯広市ものづくり総合支援補助金資料にて参照

・(※3)電解無塩型次亜塩素酸水の殺菌・除菌について
≫ クリーン・リフレ 殺菌、不活性化、試験結果.pdf (PDF:290KB)
※不活性化の試験結果 クリーン・リフレ各殺菌資料

≫ 資材の細菌及びウイルスに対する効果確認試験.pdf (PDF:247KB)
※株式会社食環境衛生研究所調べ

・(※4)帯広畜産大学と共同研究した結果,新型コロナウイルス(SARS-C oV-2)に対する次亜塩素酸水の不活化効果を証明について
https://www.obihiro.ac.jp/news/30347
※帯広畜産大学/株式会社アクト共同調べ

【公開参考資料】(帯広畜産大学今井博士、小川博士 株式会社アクト 内海 洋 著
電解無塩型次亜塩素酸水における口蹄疫ウィルスへの効果)
≫ 電解無塩型次亜塩素酸水における口蹄疫ウィルスへの効果.pdf (PDF:970KB)
≫ 【論文訳】電解無塩型次亜塩素酸水における口蹄疫ウィルスへの効果.pdf (PDF:142KB)

最後に、今回の一部報道では次亜塩素酸水による厳しい警告のような事案ではありますが、それは誤った知識のもと、正しく販売されていないものが市場に多く出回っており消費者に正しい商品を提供していない事からくる報道と捉えております。よって、この機会に企業/商品の環境整備する良いきっかけであるとも考えております。

これからもアクトは各大学/国内各研究機関と連携を取りながら、「安全安心且つ効果的/有効的」なクリーン・リフレの活用を行なっていくと共に、次亜塩素酸水の健全なる普及に邁進してまいります。
そして、ユーザーの皆様には安心してお使いいただけるよう、これからも拘りある商品を提供できるよう努めて参ります。

引続き今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今後も新たな情報が入り次第、皆様にご報告をいたします。

お知らせ一覧